日本の若者の未来に向けて私のアイデア My Ideas for Future of Japanese Youth


学校広報ソーシャルメディア活用勉強会 

第二回教育カンファレンス「つながる教育、つなげる未来~教育改革×ソーシャルの力~」

2013年9月10日(火) 13:00〜17:30(受付12:30〜) 
東京会場: 東京 ユビキタス協創広場 CANVAS

日本の若者の未来に向けて外国人(私)のアイデア 

My Ideas for Future of Japanese Youth

Speech By : Poddutoori Venkata Gandhi

ポッドトリ・ヴェンカット・ガンディ

インド出身・日本在住13年(永住権取得)

Image

私のアイデア         My Ideas

1. 英語を第2言語として教育の開始 English as Second Language

例えば全国の10%の小学校から取り入れてみる。Introduce from Primary Schooling in say 10% of Schools in Japan

2. 留学マントラ Ryugaku Mantra

海外滞在の義務化  (Introduce Mandatory Overseas Stay)

3 .日印教育コラボレーションの強化 Enhance Japan-India Collaboration in Education

教育機関同士のコラボレーションおよび学生交流プログラム Collaboration between Educational Institutes and Student Exchange Programs

私自身は教育専門家ではありません。これらのアイデアのほとんどは、私の観察や受け止め方に基づいた個人的意見です。

I am not an educational expert, most of the ideas are personal opinion based on what I felt and observations only.

アイデア-1 : 英語の第2言語教育 English as Second Language in Education

現行の日本語による教育システムは素晴らしい。ぜひ続けて下さい。
“Current Japanese Medium based System is good for Japan. Please keep it”

 
アイデア 一定の割合の小学校で、一年から第2言語として英語授業(一分本人負担)を取り入れる。

(Idea is to introduce English as Second Language as addition in certain % of schools from Grade 1 at some nominal fee.)

理由 英語以外の教育レベルは高いのに英語教育だけは劣る。国民の多くが自費で英語学習している。

Reason in any case citizens are spending their savings and sending children at different stages and has created certain haves and have not situation, while japan  as such can be proud of its common primary education system for ALL.

効果 全国レベルで標準的に英語力を持つ若者が増える。その若者たちが、世界の中の日本の役割を担い、日本の未来を作り出していく。

Benefits it will prepare a significant base of youth (inclusive of all sections) who will be future of Japan to take up the globalization of Japan’s economy and its dependence on overseas markets.

英語の第二言語教育によって、バイリンガル対応できる若者が豊富に生み出される。

How the Second Language Helps the Smooth Migration from native language to English for Higher Education.

インドの経験が参考になる(Refer to India experience..)

インドでの教育の使用言語 

  • インドには数百もの言語がある        India has several hundreds of languages
  • 一万人以上によって話される言語は122言語  122 languages spoken by more than 10,000
  • 100万人以上が母語としている言語は30言語  30 languages are spoken by more than a million native speakers
  • インドの憲法が認める言語は21        21 Indian Languages listed in the Constitution of India
  • インドの国語はヒンディー語ですが、第2公用語は英語です India’s Official Language is Hindi with English as Secondary official language
 
上位5位 (単位 万人 ) Top 5 Languages in India in 10,000
1  ヒンディー語(ヒンディー語系含む)Hindi (family)   : 4,2200
2  ベンガル語 Bengali                                    :    8300
3  テルグ語    Telugu                                   :    7400
4  マラティ語  Marathi                                    :    7200
5  タミル語     Tamil                                :    6100

インドの多言語教育
英語以外の教育の場合でも – 英語は第2言語です。

Image

 

アイデア-2 : 海外留学マントラ    “Overseas Ryugaku Mantra”

 

大学在学中(18〜20歳ごろ)
日本の若者向けに政府の援助によって

Government Sponsored/Supported

Mandatory Overseas Stay (Ryugaku)

during graduation period

海外滞在(留学)の義務化

2013年現在、日本社会の課題  因果関係

Image

アイデア- 3 : 日印教育コラボレーション Japan & India Educational Collaboration 

Image

 

********

Original Speech is available at below link Scene 4 from 26 min~

本番は下記のリンクでScene 4で26分以降ご覧下さい。

https://ondemand.seminar.vcube.com/ondemand/v/1fb831ea3b734d4eae7ba92766aa1cb0fcde841d

 

Advertisements

One thought on “日本の若者の未来に向けて私のアイデア My Ideas for Future of Japanese Youth

  1. Pingback: My Top 10 Blog Posts | Words of Venkat G

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s